初心者でも分かる!! インデックスファンントとは?

インデックスファンドを皆さんはご存知でしょうか。
このインデックスファンドとは市場平均(ベンチマーク)と似た値動きをする運用を目指す投資信託=ファンドの事を言います。
市場平均には株価指数や債権株価指数が含まれます。

少し混同されている方も多いのですがインデックスファンドと投資信託、これは投資信託の一つとしてインデックスファンドがある、ということです。

主なインデックスには日経平均株価=日経225やTOPIX=東証株価指数、JPX日経インデックス400などのほか、海外株式であるMSCIコクサイ・インデックスなどがあります。

インデックスは日経平均と似た動きを行うため、値動きが分かりやすくなっているのが特徴です。
初心者が投資に関する知識も未熟なままで、個別に銘柄を選定して投資をかけていく事はとても難しく、利益を上げる事は難しいですが、インデックスなら初心者でも比較的取り扱いやすく、知識がまだあまりないという方でも深読みや裏を読み解く必要も無く投資を行える金融商品と言えるでしょう。

メリットについて見てみると、少ない元手でも投資が可能で、コストもあまり掛かることがありません。
例えば、日経平均225銘柄にそれぞれ投資する場合であっても、一つの銘柄に対して1万円程度から購入する事が出来ます。
この他に、分散投資を行いやすいという点です。
分散投資を行いやすいという事は、初心者にとっては大穴を当てるより確実に利益を上げられる確率が高いという事ですので、初心者の方こそインデックス分散投資を活用す最もお勧めの金融商品の一つと言っても過言ではありません。

インデックスそのものは一般公開がされており、公開されているものを基(ベンチマークの事を指しています)にファンドを選ぶことが出来るのでこのインデックスによってファンドの性能やコストが決められていきます。
このベンチマークがある事によって、初心者でも少ないチェックポイントだけで投資先を決定する事が出来るような仕組みになっています。

日経平均などを取引するCFD、難しい用語は事前にチェック

デリバティブ金融商品というものが一般個人投資家向けにも販売されるようになってから久しいです。
現在最も有名なデリバティブ商品は何と言ってもCFDと呼ばれる商品だと思います。
これはイギリス生まれのデリバティブ商品だと言うことです。

CFD商品の中でも最も有名なのが何と言ってもFX取引ではないでしょうか。
FXとは「Foreign eXchange」の略です。
直訳すると外国為替と言う意味です。
しかし、ただの外国通貨を取引するものではありません。

CFD商品の一種ですから「差金決済契約」と呼ばれて通貨の相場差で収益を上げていくものです。
CFDには外国通貨レートを対象とするもの以外に日経平均株価(日経225)などの国内の株価指標や社債指標、海外の株価や社債指標、その他先物商品などを取引対象にするものがあります。

日経平均株価を取引対象にしたCFDには「くりっく株365」や「日経225先物」があります。
デリバティブ商品では色々と難しい用語が登場します。
そもそも「デリバティブ」という用語自体があまり聞きなれません。
デリバティブ商品は一般に「派生金融商品」と呼ばれています。
日経平均株価指数を取引対象にするのであれば、個別の銘柄を売買対象にせずに多数の銘柄の統計指標である日経株価平均を取引対象とします。
つまり個別の株価ではなく、そこから派生した指標を取引すると言うことです。

この他にも取引形態などで難しい用語がたくさんあります。
CDFは相場変動を利用して買いのタイミングと売りのタイミングで収益を出す取引です。
当然、損失を出す可能性があります。
場合によってはその損出が巨額になることも考えられます。

こうした巨額の損失を避ける為一定の値幅で買いと売りを繰り返す売買のテクニックがあります。
これはトラップと呼ばれる方法です。
そしてこのパターンを繰り返す方法をトラップリピートと呼びます。
現在では業者のサイトにこのトラップとリピートの取引が予約できるシステムがあるそうです。
初心者が日経平均や外貨レートのCFDでこれを使えば巨額の損失のリスクを減らしながら細目に利益を得る可能性が増えます。

デリバティブ商品では難解な言葉が多数出てきます。
取引を始める前にしっかり勉強しておくことが大切です。

インデックスファンドは狙い目?

日経平均株価って、不思議なものだなーと思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。各企業の株は、それぞれの業績や、業界の動きによって、上下動しますが、日経平均に至っては、経済の全体的なトレンドと言うか、そのときの政権の政策、日銀総裁の発言によって上昇するのか、下降するのか、大まかな流れが決まっているように見えます。アベノミクスが、一人一人の国民生活や企業活動に、どう作用したのか?必ずしも実感できないなあ…という人も少なくなかったはずですが、日経平均株価には、確かに反映されているという不思議さがあります。

そんなとき、効力を発揮しそうなのは、インデックスファンドのような商品では無いでしょうか。これは、投資信託の1つですが、日経平均やTOPIXといった代表的な指数に連動して、運用されている信託です。ですから、1つ1つの企業の活動、というよりも、あくまで指数ですから、ある程度、経済の向かう方向性、政権の政策が見えているときなどは、投資対象としても魅力的なものとなります。

毎日のニュースや、日経平均を見ながら、運用が上手くいきそうかどうか、都度、確認できるのも、魅力の1つと言えます。手数料、初期にかかる投資額も少額から始められますので、ぜひ、インデックスファンドでの資産運用を考えてみてください。

債券と金利はどうして連動するの?

債券と金利の関係って、どうも難しいな…と思われている方が多いと思いますが、実は、それほど難しいこともありません。一般的に金利は、債券の市場の動向によって、左右されるとも言われます。確かに、その通りで、例えば、債券の利率が3%であったとき
金利が仮に4%となってしまえば、もはや、その債券(国債)の人気は、ガタ落ちになってしまいます。それなりに債券市場を正常に保つためには、金利が債券の利率以下、でなければならないことになります。

債券市場を投資先としている個人投資家の方は、実はそれほど多くないのかもしれませんが、このような債券と金利の関係を念頭に置くと、意外と面白くなってくるかもしれません。債券からは、利息のように利率に応じて、毎期出てくる利払いと、満期に支払われる償還額が、あらかじめ決められています。最近は、日経平均のリンク債のような変わったタイプの債券も出てきていますが、この利率と償還額を前提とする債券投資は、中長期の投資に向いています。

債券の購入について、新規で発行された債券を購入するときには、基本的に手数料がかかりません。ただ、その代わりに債券を換金するとき、既に市場に流れている債券を買い求めるときには、手数料が必要ですので、注意しましょう。

株、FX、投資信託…、資産運用はどれがいい?

将来不安、賃金上昇の鈍化から、毎月、1万円でも、5000円でも使いながら、自分で資産運用を始めようと言う人も少なくないようです。さて、資産運用と言っても、色々です。銀行の定期預金から、株、FX、投資信託などなど…。

この中でも、投資信託は、まさに文字通り、専門家に信託して始める運用です。自分自身では、どの投資信託に投資するのかを決めるだけで、あとは専門家が、さまざまな株、債券、不動産などに関わる特定の証券を対象に、プールした資金を運用していくものです。

株式投資は、自分自身で、特定の会社、投資先を選んで行うものですので、情報の有無によって、大きなリスクを背負うようにも見えますが、短期的な株の売買だけではなく、長期保有による配当や、株主優待券などをご褒美にしながら投資を楽しむ…ということも可能です。

外国為替証拠金取引と言われるFXは、海外の通貨との金利差に着眼して行う取引などがあります。レバレッジと言って、自分が今、持っている以上に大きな金額を動かし、売買を行えることが大きな特徴です。もちろん、わずかな差益が、大きな利益となって帰って来るのがレバレッジではありますが、逆にわずかな損失が、大きな損失となってのしかかってくるのもまた、レバレッジの考え方ですので、そこは注意が必要ですね。

配当金狙い?安定した資産運用の方法は?

株式投資を行っている投資家のなかには、売買による利益の確保よりも、配当金や、株主優待券を定期的にゲットすることで、中長期にわたる運用を楽しもうとする人も多くいます。配当金は、基本的には年に1度、権利確定日に株券を持っていなければなりませんが、だいたい、1−2%程度の利回りが期待できると言うことで、安定した収益が望めます。

これに対して、近年、注目を集めているのは、FXを使ったスワップポイントの獲得です。これは、低金利の通貨(日本円など)を売り、高金利の通貨(トルコリラなど)を買うところから始まるのですが、この2国間の金利差が、「差益」となって、その分をスワップポイントという形で、貯めていけるものです。貯まる金額と言えば、レバレッジをかけない限り、微々たるものですが、毎日、少しづつ入ってくるスワップポイントは、まるで利息収入と言うに相応しい、安定した収入になり得ます。

株式での配当狙いとの違いで言えば、FXでのスワップポイント狙いの方が、圧倒的に少額からスタートさせられる、という意味で、魅力があります。利回りとしても、金利差があればあるほど、大きくなりますので、1日づつでは微々たる額でも、1年間、塵も積もれば山となる…。といった感じで投資を楽しむことが出来るでしょう。

世界経済インデックスファンド

インデックスファンドと言えば、国内向けでは、日経平均株価やTOPIXの指標に連動して運用されるような、投資信託を思い浮かべると思います。
詳しくはこちら
最も基準となる指数ですね。

しかし、世界経済インデックスファンド、という投資信託もありまして、これは、国内だけでなく、世界各国の株式、債券などに投資することを前提としたものです。なかなか興味深いのは、世界のどの国に、どれだけ投資するのか、という指標に、その国のGDP(国内総生産)を参考にしているという点です。つまり、地域別の経済の成長度、GDPの比率が変わっていけば、そのまま、世界経済インデックスファンドの投資先も変化していくと言うことです。(基本としては株式投資50%、債券への投資が50%という比率になっているようです)

これは、まさに世界分散投資ということですが、長期の保有、運用を前提としながらも、どこに成長の兆しがあるのか、鈍化の兆しがあるのかを常に見極めつつ、その時々の変化に対応していこうという発想が見えます。

ETFにおいても、海外の経済指標に合わせて、運用が行われる投資信託も多く市場に出てきましたが、これほど広く、しかも臨機応変に、リスクヘッジとリターンを目指した信託は、さほど多くないように思います。